会社概要

ごあいさつ

環境。これからの住宅業界は環境問題を抜きにしては生き残れません。人間の豊かさの代わりに失ってきた環境の大切さに気がついたからです。住宅は毎日毎日住む人に影響を与える一番身近な環境です。

当社は創業より半世紀以上にわたり、自然と社会生活の調和を理想とし、自然の木を利用した環境に優しい集成材をご提供しています。 また、インテリア部におきましてはリフォーム・内装工事・住宅建築・建具家具工事など集成材のご提供に合わせ、住む人が幸せになれる住宅建築のお手伝いをさせて頂いております。

これからも当社は環境問題に真剣に取り組み、集成材専門メーカーから総合住宅メーカーへの飛躍に挑戦していきます。
藤井ハウス産業株式会社 藤井博美


会社概要

名称 藤井ハウス産業株式会社
所在地 岐阜県養老郡養老町押越1974
代表者 代表取締役社長 藤井 博美
資本金 4,820万円
設立 昭和24年4月
工場 岐阜県養老郡養老町押越1974
工場敷地面積 22,500㎡
建物面積 16,787㎡
従業員数 135名
事業内容
  • 集成材事業部
  • 積層造作材、化粧ばり造作材、ムク造作材製造・販売 賃加工
  • インテリア事業部
  • 新築・増改築・リフォーム・木工事・屋根工事・板金工事・建具工事・家具工事・左官工事・塗装工事・内装工事・配給水工事・太陽光発電・オール電化

インテリア事業部について

インテリア事業部は藤井ハウス産業(株)の建築部門です。
建具・家具   新築リフォーム   オール電化・太陽光発電など、住宅に関することなら何でもご相談ください。

本社:インテリア事業部

住所 〒503-1316
岐阜県養老郡養老町押越1974
電話 0584-32-3088
FAX番号 0584-32-3975
営業時間 平日・・・8:00~19:00
定休日 日曜・祝日・盆正月(土曜不定休有)
交通
  • 名神高速道路  養老ICより約5分
  • 電車
  • 近鉄養老線  「みの高田」駅より徒歩約15分

インテリア事業部  海津営業所

住所 〒503-1316
岐阜県海津市海津町内記101番地
電話 0584-53-2368
FAX番号 0584-32-3975
(本社営業所宛て)

事業沿革

昭和21年07月
藤井木工所を個人で開業 製材業と木工業(木製建具)
24年04月
合資会社 藤井木工所開設
36年01月
突板貼りの建具の製造に着手 販売を行う
39年05月
販売部門強化の為、従業員持株制にて藤井建具販売株式会社設立
製造部門は(資)藤井木工所が従来通り担当する
39年07月
住宅分譲・建具販売に着手
41年09月
建築用化粧ばり集成材を一部製造・開発着手
44年01月
街中から郊外へ全面移転し生産の効率化を図る
(資)藤井木工所から(資)藤井ハウス産業と社名変更
44年04月
創立20年を迎える
47年07月
(資)藤井ハウス産業と藤井建具販売株式会社を藤井ハウス産業株式会社に統合
48年01月
木製建具製造から化粧ばり集成材の製造に全面的に転換
49年01月
日本農林規格 LW-81化粧ばり造作用集成材-2 認定工場になる
50年10月
日本農林規格 LW-81化粧ばり構造用集成材-4 認定工場になる
54年04月
創立30年を迎える
59年04月
スライサー工場、化粧ばり工場、仕上げ工場等延べ面積6617.89m²焼失
焼失後、新設工場建設に着工
59年11月
工場生産ライン完全稼動
平成元年04月
創業40年を迎える
08年08月
本社工場 全面改修・設備増設を図る
10年09月
インテリア事業部開設
(内装木工事・新築住宅・増改築・建具・家具・ふすま)
11年04月
創業50年を迎える
16年05月
インテリア事業部事務所及びショールーム完成
16年07月
大型NCルータの導入によりムク集成造作材事業に本格進出
17年05月
太陽光発電 オール電化の設置販売を始める
20年02月
ムク造作材賃加工・製造販売を始める
21年04月
創業60年を迎える
26年04月
創業65年を迎える
集成材工場及び営業事務所の全面改装
太陽発電設備増設

安心・安全への取り組み

  • 安心・安全

    JAS認定(F☆☆☆☆)及び全木連ホルムアルデヒド放散等級表示の登録制度の登録(F☆☆☆☆)を受け、安心してご使用いただける製品を提供してまいります。

  • 環境

    グリーン購入法の認定を受け、合法伐採された木材の使用を通じて環境への負荷の少ない持続的発展が可能な社会の構築に貢献してまいります。

  • 地産地消

    証明材推進制度による登録を受け、東濃桧などの県産材を有効利用し、森林資源の循環に貢献するとともに、国産材の魅力をお伝えしてまいります。

ページの先頭へ